読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷりはちポケモン対戦記

ヘラクロスナイトを探す旅に出ます

バトンバシャ+メガヘラ構築

今回はS15でちょっとだけ使用して没になった構築をメモとして残したいと思います。没構築なのでさらっと紹介していきます。

1. パーティ概要

f:id:puripoke:20160117120623p:plain@メガ石 f:id:puripoke:20160702034022p:plain@タスキ f:id:puripoke:20160702034408p:plain@ジャポ

f:id:puripoke:20160118023627p:plain@オボン f:id:puripoke:20160118023649p:plain@ゴツメ f:id:puripoke:20160118023629p:plain@ラム

 

2. コンセプト

前回までの構築同様、高火力広範囲のメガヘラが上から攻撃して勝つことを目的にして構築を組みました。今回はメガヘラが上から攻撃できる状況を作るためにバシャーモの加速バトンを使います。やりたいことしてはサイクル内で有利対面からエースにバトンを展開したり、不利対面でも後続にバトンをし役割遂行の手助けをすることなのでイメージとしてはメガバシャバトン構築みたいな感じです。それぞれのポケモンの採用理由は、

・バトンエースのメガヘラクロス

・加速バトン要因でありストッパーにもなるタスキバシャーモ

・バトン先のエース兼催眠対策として瞑想ニンフィア

・呼びやすいアローやマンダがキツイのでHCベースのオボンミトム

・一貫するフェアリーに受け出して狩るためラム剣舞ギルガルド

・バシャやクチート受けとして一番信頼しているゴツメランドロス

となっています。結局、バシャーモニンフィア以外は前回と同じになってしまいました。ヘラ軸を組むとついついミトムランドを一緒に入れてしまうので同じ役割ができ、もっと強いポケモンを探していきたいですね。

 

3. 使用感と改良案

良かった点

・ジャポニンフィアが催眠や耐久型ポケモンに対してとても強く、積んでからの全抜き性能も高かったです。いびきのおかげで素眠りでも起点になりにくく使い易かったです。ただ、吠える瞑想スイクンには逆に起点にされるので注意が必要です。

・ミトムやランド、ガルドにバトンすることで役割対象の上を取ることができるようになり役割を遂行しやすくなりました。また、火力に振っているので相手パーティによってはこれらのポケモンもエースとして選出することもできました。

改良すべき点

・ヘラへのバトンが決まりにくく、決まっても裏のアローやバシャでとまってしまうことが多くコンセプト通りの勝ち方ができませんでした。

⇒バシャを完全サポート型にしてビルドやみがわりバトンで上記の相手で止まらないようにする方が良いのかなと思います。

 

4. 最後に

色々欲張り過ぎて中途半端な構築になってしまったという印象です。やはりメガヘラのバトン構築は壁やビルド、みがわりなど周りでしっかりサポートをしてあげる方が安全で全抜き性能も高くなるため決まりやすいと思います。ただ、1500~1700まではほぼ無敗で行けたのでなかなか面白い構築ではないかと思います。あと、ジャポニンフィアの強さを知ることができたのも良かったです。今後このパーティを改良して使うかどうかはわかりません(笑)

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます。短くまとめるために技や調整は省きましたが気になる方はコメントやツイッター(ID:@puripoke)まで気軽にどうぞ!