ぷりはちポケモン対戦記

メガヘラクロスで勝ちたい…!

【ORASシーズン13使用構築】ラティクチクロス【最高レート2004】

どうも初めましてぷりはちです。

今回はずっと目標にしていたレート2000を初めて超えることができたのでその記念に使用した構築を紹介したいと思います。構築記事を書くのは初めてですので、読みづらい点などあるとは思いますが温かく見守っていただけると幸いです。

1. パーティ概要

f:id:puripoke:20160117113431p:plain

ラティアスきあいのタスキ

クチートクチートナイト

ヘラクロスヘラクロスナイト

ウォッシュロトム@オボンのみ

霊獣ランドロスゴツゴツメット

ギルガルド@ラムのみ

2. コンセプト

S13では好きなポケモンを使って構築を組もうと思い、好きなポケモンであるメガヘラクロスラティアスから組み始めました。次にラティアスヘラクロスと相性のよさそうな2体目のメガ枠を考えたところ、ラティクチという有名な並びがうかんだのでクチートを採用しました。よってラティアスクチートヘラクロスの3体がこの構築のメインになります。

メガ枠であるヘラクロスクチートは火力が非常に高く、上から攻撃することができればほとんどのポケモンに勝つことができます。そこで、電磁波を使って相手のSを下げて苦手な相手にも上からヘラクロスクチートで攻撃して勝つ構築を組むことにしました。トリックルームではない理由は、①Sを下げたい相手にピンポイントで使えること、②効果が永続することの2つです。

残りのポケモンはでんじはサポートができてボーマンダファイアローに強いウォッシュロトムバシャーモクチートに後投げできるゴツメランドロス、フェアリー全般を受けることができ打点もある剣舞ギルガルドを採用し、ヘラクロスクチートが勝てないポケモンを処理できるように組みました。

3. 個別解説

f:id:puripoke:20160117135329p:plain

ラティアスきあいのタスキ 特性:ふゆう 性格:おくびょう

実数値 152-x-111-162-137-178 ※非理想個体(24-x-31-31-4-31)

努力値 B4 C252 S252

技構成 りゅうせいぐん/サイコショック/でんじは/いやしのねがい

嫁枠であり、ヘラクロスクチートを電磁波や癒しの願いでサポートするポケモン個体値がやばいことになってますがタスキなのでそこまで問題はありませんでした。ちなみに色個体です。ラティオスではない理由は癒しの願いでの再生ができるからです。タスキを持っていることでこの構築で辛いポケモンや相手のエースのストッパーとしても活躍してくれました。具体的には初手でゲンガーと対面させて電磁波⇒サイコショックと入ることで突破もしくは赤ゲージまで削ることができます。また、ウルガモス対面でサイコショック2発打つことで耐久振り以外のウルガモスを突破できます。このように場づくり、エースサポート、ストッパー、終盤の掃除役と縦横無尽の活躍をしてくれたラティアスは選出率も1位で間違いなく今回のMVPです。改良点を挙げるとすれば、癒しの願いで勝った試合もありましたが使う機会が少なかったので10万ボルトや波乗りに変えた方がいいかもしれません。その場合はラティオスの方が良いと思います。笑

 

f:id:puripoke:20160117142916p:plain

ヘラクロスヘラクロスナイト 特性:じしんかじょうスキルリンク 性格:わんぱく

実数値(メガ前) 183-147-127-x-116-119

実数値(メガ後) 183-207-171-x-126-109

努力値 H220 A12 B164 D4 S108

技構成 ミサイルばり/インファイト/ロックブラスト/タネマシンガン

この構築の絶対的エース。基本的にはこのポケモンで相手のポケモン倒すにはどうするかを考えて選出を決めていました。有名なガルーラの猫捨て身を耐えるメガヘラクロスです。Aを削ってSを4振りFCロトム抜き抜きまで上げています。特性が自信過剰なのは電磁波を入れて削ってからヘラを出す展開を考えてのことです。実際の対戦でも発動機会は多く1段階アップのミサイルばりで無振りガブリアスやH4振りメガガルーラを一撃で倒すことができます。ガルガブゲンなどの環境に多い構築に対してはゲンガーを倒してしまえばあとはヘラクロスが何とかしてくれました。わんぱくメガヘラを使った感想としては、ガルーラと対面した時に安定して突っ張ることができるのでとても使いやすかったです。また、今シーズンは秘密の力ガルーラが多かったのでわんぱくメガヘラは刺さっていたとおもいます。

 

f:id:puripoke:20160117142544p:plain

クチートクチートナイト 特性:いかく⇒ちからもち 性格:いじっぱり

実数値(メガ前) 157-148-105-x-75-73

実数値(メガ後) 157-170-145-x-115-73

努力値 H252 A236 S20

技構成 じゃれつく/はたきおとす/ほのおのキバ/ふいうち

ヘラクロスが出せないときのエース。ミラーを意識して少しだけSに振っています。ほのおのキバはパーティ全体で炎技持ちがおらずハッサムで詰んでしまうので採用しました。ハッサムだけでなくクチートナットレイなど打つ相手が多く使い勝手はよかったです。クチートはフェアリー全般やゲンガー、ギルガルドなどヘラクロスが完全に止められてしまう相手に互角以上に戦うことができるのでヘラクロスとの相性は良かったと思います。

 

f:id:puripoke:20160117143439p:plain

ウォッシュロトム@オボンのみ 特性:ふゆう 性格:ひかえめ

実数値 157-x-132-159-127-114

努力値 H252 B40 C156 S60

技構成 ボルトチェンジ/ハイドロポンプ/めざめるパワー氷/でんじは

マンダマンムースイクンに強い枠として採用。調整は、HBはHDメガマンダの1段階アップ捨て身をオボン込み2耐え、SはS1段階ダウンの最速ガブ抜きのスイクン抜き、余りをCに振っています。分かりにくい書き方ですが、要するに慎重HDメガマンダに有利で、ほとんどのスイクンに上からボルチェンを打つことができるという調整です。メガマンダにはめざ氷⇒電磁波と入ることでほぼ確実に麻痺させることができ、突破されたとしても裏のポケモンで倒すことが可能です。このポケモンのおかげでマンダ入りのパーティに対して安定した戦いができるようになりました。

 

f:id:puripoke:20160117143810p:plain

霊獣ランドロスゴツゴツメット 特性:いかく 性格:わんぱく

実数値 191-165-154-x-101-117 ※非理想個体(31-31-31-x-31-28)

努力値 H212 B236 D4 S56

技構成 じしん/がんせきふうじ/とんぼがえり/ステルスロック

バシャーモクチートにあと出しできたり、とんぼがえりでサイクルを回すことができるため採用しました。調整は特に何かを意識をしたわけではなくゴツメランドのテンプレみたいな感じです。受け出した後、相手の交代にあわせてとんぼがえりで有利対面を作ることができる点がほかの物理受けと違って強かったです。ですが、マンダの起点になったり、特殊相手には何もできずに落とされたりするのでそのあたりを意識して選出していました。

 

f:id:puripoke:20160117144158p:plain

ギルガルド@ラムのみ 特性:バトルスイッチ 性格:いじっぱり

実数値(シールドフォルム) 159-110-171-x-172-89

実数値(ブレードフォルム) 159-220-71-x-72-89

努力値 H188 A236 B4 D12 S68

技構成 アイアンヘッド/かげうち/せいなるつるぎ/つるぎのまい

構築全体で重いフェアリーやキノガッサに強いポケモンとして採用。ヘラクロスクチートの両方が出しづらい相手にエースとして選出することもありました。ラムのみを持っていることであくびループから抜け出すことができたり、ゲンガーに対面から勝てたりと構築の穴を上手く埋めてくれました。受けループ相手にもラッキーを起点にして裏のグライオンなどに負担をかけることができます。ただ、ほとんどの剣舞ギルガルドにSで負けていたので調整には改善の余地があると思います。

4. 基本選出

 f:id:puripoke:20160118023641p:plain + f:id:puripoke:20160118023634p:plain or f:id:puripoke:20160117120623p:plain+@1

ラティででんじはを撒いてクチートorヘラクロスで突破していく選出です。エースが削れた場合ラティアスのいやしのねがいで再生します。

② f:id:puripoke:20160118023627p:plainf:id:puripoke:20160118023649p:plainf:id:puripoke:20160118023634p:plainorf:id:puripoke:20160117120623p:plain

ロトム霊獣ランドで電磁波やステロを撒いたり、とんぼルチェンでエースを出して相手に負担をかけていく選出です。

基本選出は上記の2つですが、実際の対戦では基本選出にとらわれずに色々な選出をしてました。クチートヘラクロスギルガルドを選出しないと火力不足で詰んでしまうのでこの3体のいずれかをエースとして選出することを心がけていました。初手のヘラクロスクチートは読まれやすいため、ラティアスロトムを初手で選出することが多かったです。

5. 苦手な相手

①ゲンガー、サザンドラウルガモスなどのヘラクロスクチートが苦手な特殊高火力アタッカー

受けることのできるポケモンがいないので初手に出てきやすいです。なので、ラティアスを初手に出してタスキで耐えながら突破したり、電磁波をいれて裏のポケモンで倒していました。裏から出てきそうな場合はラティアスのタスキを温存しながら立ち回るか、クチートのふいうち圏内まで他のポケモンで削って何とか倒していました。

②フェアリータイプ全般

この構築はパッと見てフェアリーが刺さっているので相手パーティにいるとほぼ選出されていました。ギルガルドを上手く対面させてアイヘを打っていましたが、どうしても不利なサイクルになってしまうので非常につらかったです。

③小さくなるを積んでくる相手

ちょうはつ持ちがいないためいわゆる害悪構築と呼ばれる相手には苦しい戦いを強いられます。特に小さくなるシャンデラやフワライドにはパーティ全体のSが遅いこともあり一方的にやられてしまいます。ピクシーはギルガルドで勝てる可能性があるので積まれる前に対面させてアイヘで処理していました。

6. 感想

この構築は相手から見て刺さっているポケモンがわかりやすく、こちらもそれにあわせて選出することができるので戦いやすかったと思います。また、構築としてS操作のために積極的に電磁波を撒いていくこともあってか非常に運勝ちが多かったです。一方でパーティ全体としてのSが遅いためハメられて負けることも多かったです。これは構築段階からある程度切っていたので仕方ないなと割り切っていました。数的にはスタンパの方が多いのでその相手にきっちり勝つということができ、それが良い結果につながったと思います。

最終結果は下にもありますが最高&最終2004でした。シングルレートを始めてからずっと目標にしていたレート2000越えを大好きなポケモンを使って達成することができ本当にうれしく思います。ただ1900後半から勝てるパーティと当たり続けたおかげでもあるので強い構築とは言えないかもしれません。来期はもっと強い構築を組んで2000以上でも安定して戦えるようになりたいです。TNぷりはちと対戦してくださった皆さんありがとうございました!

最高&最終レート(PGLより)

f:id:puripoke:20160119131322p:plain

f:id:puripoke:20160119131326p:plain

7. 最後に

とても長くなってしまいましたが、ここまで読んでくださって本当にありがとうございます!!気づいた点や質問等ございましたらコメントしていただけると非常にありがたいです。Twitter(ID: @puripoke)もやっていますので、そちらの方にリプを送っていただいても構いません。ついでにフォローしていただけると嬉しいです。

また、今シーズンはTwitter上でたくさんの方とお知り合いになれて、モチベーション高く楽しくポケモンをすることができました。ありがとうございました!!

S14も頑張っていきましょう! では!